2005年の春 栃木に来ました。  私の大好きな栃木での生活を、生れも育ちも栃木の愛犬と共に紹介します。


by gardengate
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:名産品( 2 )



   最近、日中のお天気がよく、

   その陽気に誘われて、連日遊び歩いている私です。

   

   今日は、我が家から車で20分ほどの

   馬頭町…2005年の10月に市町村合併で那珂川町に変わりましたが

   水戸のご老侯が付けてくださった名が、変わったのはちょっと寂しいね。

   

   馬頭町の名の由来は、この地にある馬頭院からきているのです。

   徳川光圀が藩主となり、たびたびこの地を訪れるようになり、

   馬頭観世音菩薩を本尊としたこの寺院を、名を改め馬頭院とし、

   十万石の格式を与え、朱印寺としたそうです。

   お寺には、光圀が記念に植えたと言われる、枝垂栗という桜の木が有ります。



   馬頭町は、その馬頭院の名から付いた町名だと言われています。



   
c0205456_2223519.jpg

  この山の向こうは、もう茨城県です。

   10km足らずだと思います…車で15分くらいかな。



   この馬頭の名産が、小砂子焼です。

   水戸藩の徳川斉昭が、この地で陶土を見つけ、窯を開いたと言われています。



   
c0205456_2261629.jpg

   今日は、この二つの窯元に行ってみました。



   
c0205456_227422.jpg

c0205456_2274038.jpg

c0205456_2281231.jpg

c0205456_228461.jpg

  藤田陶芸所は、唯一馬頭の陶土のみを使って、焼いているそうです。

   この建屋は、「陶遊館」といい、ここでろくろを回して陶芸体験が出来ます。

   藤田窯の特徴は、小砂子焼の特徴でもある、金結晶という釉薬での焼き上げです。



   
c0205456_22185685.jpg

   藤田の登り窯は、秋の登り窯まつりで、火が入れられ焼き物体験が出来ます。


  
   
c0205456_22221996.jpg

ここは、国山窯の窯元。

   
   
c0205456_22234286.jpg

   
c0205456_2224232.jpg

登り窯はありますが、実際には使われていない、復元品です。

   

   
c0205456_22262090.jpg

c0205456_22275933.jpg

   
c0205456_22425829.jpg

    国山窯の焼の特徴は、青磁です。

   陶土も、馬頭の物と、愛知県の瀬戸の陶土とを混ぜて使っているそうです。

   お店の中には、青磁と白磁に絵柄を付けたものが置かれていました。

   このベルの人形も、可愛い絵が施され、つい買いたくなるような一品でした。



   
c0205456_22334267.jpg

   ディスプレーには、サンプル料理が並び、楽しい工夫がされていました。



   
c0205456_22373671.jpg

   私も、代表的な焼き物の中から、この二品を購入♪

   また、お気に入りの焼き物が増えました。  

   


   
[PR]
by gardengate | 2009-12-17 22:44 | 名産品

大谷石の蔵



   今日は、近所をドライブして気付いた

   大谷石の蔵を、たくさん写真に撮ってきました。


   大谷石は、軽くて軟らかく、

   しかも耐火性があって、加工がしやすいということで、

   石蔵や塀に、多く使われています。

   
   宇都宮駅の東にある、餃子の像も大谷石で出来ています。


   大谷石は、石の名前の通り、大谷町で採掘されます。

   地下300mほどまで掘り下げても 採掘できるそうで、

   埋蔵量は10億トンとも言われています。
   

   
   
   
c0205456_162649.jpg

   
c0205456_16852.jpg

c0205456_1692161.jpg

   蔵の上部には、家紋や家名が入っています。

   蔵の形は、明かり取りの小窓が有って、

   このサイズが標準的みたいですね。

   
   多くのお宅が、蔵の前にテラスをつけて

   駐車スペースや、農作業の場・・・または、

   洗濯物を干すのに使ってみえるようでした。



   
c0205456_16253923.jpg

    なかには、こんな大きな蔵もあり、

   蔵の中には、車も入っているようでした。

   

   
c0205456_1626202.jpg

   そして、何十年も昔の物だけでなく

   新しいこんな蔵も発見。

   すっきりしたデザインでいま風には成っていますが

   機能だけはちゃんと受け継いでいる感がありました。



   
c0205456_16305174.jpg
 
   
c0205456_1631850.jpg

   私も、三重から越してきた当初驚いたのですが、

   これは、住まいではなく

   屋敷に入る手前の門のようなもので、

   納屋になっているようです。

   大きなお百姓家では、この納屋だけで、

   我が家の住まいより広いところがありました。

   この門をくぐると、広い前庭があり

   正面奥に本家があり、西や北に大谷石の蔵があります。



   
c0205456_172529.jpg

   
c0205456_174730.jpg

   この傾斜のきつい大屋根は、

   雪が多かった昔を物語っているのでしょうね。

   数十年前までは、積雪も多かったようで、

   朝起きたら一階がみんな雪で埋まり、

   二階の窓から出入りしたと言うことも有ったそうです。

   


   大谷石には、蓄熱性もあるので、

   石窯や最近ではピザの窯も、大谷石で造られるそうです。

   レンガのピザ窯もいいけど、

   薄っすらグリーンの大谷石のピザ窯も素敵ですね016.gif
[PR]
by gardengate | 2009-12-15 17:07 | 名産品