2005年の春 栃木に来ました。  私の大好きな栃木での生活を、生れも育ちも栃木の愛犬と共に紹介します。


by gardengate
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

大谷石の蔵



   今日は、近所をドライブして気付いた

   大谷石の蔵を、たくさん写真に撮ってきました。


   大谷石は、軽くて軟らかく、

   しかも耐火性があって、加工がしやすいということで、

   石蔵や塀に、多く使われています。

   
   宇都宮駅の東にある、餃子の像も大谷石で出来ています。


   大谷石は、石の名前の通り、大谷町で採掘されます。

   地下300mほどまで掘り下げても 採掘できるそうで、

   埋蔵量は10億トンとも言われています。
   

   
   
   
c0205456_162649.jpg

   
c0205456_16852.jpg

c0205456_1692161.jpg

   蔵の上部には、家紋や家名が入っています。

   蔵の形は、明かり取りの小窓が有って、

   このサイズが標準的みたいですね。

   
   多くのお宅が、蔵の前にテラスをつけて

   駐車スペースや、農作業の場・・・または、

   洗濯物を干すのに使ってみえるようでした。



   
c0205456_16253923.jpg

    なかには、こんな大きな蔵もあり、

   蔵の中には、車も入っているようでした。

   

   
c0205456_1626202.jpg

   そして、何十年も昔の物だけでなく

   新しいこんな蔵も発見。

   すっきりしたデザインでいま風には成っていますが

   機能だけはちゃんと受け継いでいる感がありました。



   
c0205456_16305174.jpg
 
   
c0205456_1631850.jpg

   私も、三重から越してきた当初驚いたのですが、

   これは、住まいではなく

   屋敷に入る手前の門のようなもので、

   納屋になっているようです。

   大きなお百姓家では、この納屋だけで、

   我が家の住まいより広いところがありました。

   この門をくぐると、広い前庭があり

   正面奥に本家があり、西や北に大谷石の蔵があります。



   
c0205456_172529.jpg

   
c0205456_174730.jpg

   この傾斜のきつい大屋根は、

   雪が多かった昔を物語っているのでしょうね。

   数十年前までは、積雪も多かったようで、

   朝起きたら一階がみんな雪で埋まり、

   二階の窓から出入りしたと言うことも有ったそうです。

   


   大谷石には、蓄熱性もあるので、

   石窯や最近ではピザの窯も、大谷石で造られるそうです。

   レンガのピザ窯もいいけど、

   薄っすらグリーンの大谷石のピザ窯も素敵ですね016.gif
[PR]
by gardengate | 2009-12-15 17:07 | 名産品